現代の前撮り事情とは? | 結婚式の前撮りの相場はどのくらい?

結婚式の前撮りの相場はどのくらい?
Home » 結婚式の前撮り » 現代の前撮り事情とは?
結婚式の前撮り | 08月05日更新

現代の前撮り事情とは?

挙式や披露宴よりも前の日に和装姿やドレス姿などを写真におさめることを「前撮り」という。
大きなメリットとして、挙式や披露宴の当日は思いのほかバタバタしてしまうので、落ち着いて写真を撮る時間がない。
また、式の当日には着ないような和服やドレスを思い出に残したいなどの理由があげられる。

撮影場所はスタジオやロケーションなどがあるが、せっかくの記念だからと、両方で撮影するカップルや夫婦もいる。
時期は間近に控えた結婚式の準備が大よそまとまる1〜2カ月前が多数。
大体この時期になれば、準備も落ち着きはじめ、時間に余裕をもって前撮りができるということであろう。

しかし、そもそも挙式や披露宴での莫大な費用を考えると前撮りにかかるお金はかなりの痛手になる。
細かなオプションや撮影場所、衣装などひとつひとつにおいてこだわってしまうと30万円以上かかるケースもある。
それでも「多少お金がかかっても、きちんと形に残しておきたい」、「費用かけた大きな結婚式を挙げるわけではないのでせめて写真はお金をかけても綺麗で良い物を撮りたい」など、ここ10年の間で前撮りを行う人が急増している。
昔と違ったサービスや対応、キャンペーンなどがあるのも大きな要因かもしれない。

top